あいさつ

ようこそ、川口市立南中学校のホームページにお越しくださいました。
校長の戸谷 弘幸(とや ひろゆき)でございます。

本校は、戦後の新しい学校制度により、昭和22年4月1日に開校し、
74年目を迎えた歴史と伝統のある学校です。
南中学校の学区は、その昔「日光御成街道」の要所として栄えました。
近年は鋳物産業の中心地として川口の産業を支えてきましたが、
ここ数年は鋳物工場も少なくなり、
街の再開発でマンションや商業施設が立ち並ぶ地域に変貌しつつあります。

本校は「心を磨く」「身体を磨く」「智性を磨く」を校訓とし、
「優しく」(豊かな心を持つ生徒)
「強く」(たくましい生徒)
「賢く」(自ら学ぶ生徒) の学校教育目標のもと、
校訓・学校教育目標のより一層の具現化に向けて取り組んでいます。
また、「子供たちの力を伸ばし、よりよく変容させられる学校」をテーマに、
教職員は日々研鑽に励んでいます。

南中学校では同じ校地内にある舟戸幼稚園・舟戸小学校と
幼・小・中の「学校間連携教育」に長年取り組んでいます。
本年度は、令和4年度の研究発表に向け

「学びをつなげ 夢をはぐくみ 未来を拓く連携教育の推進」
~他者とよりよく生きる国際理解教育の充実~

をテーマに研究を進めているところです。

6月15日(月)からは学校も一斉登校が始まり、部活動も再開されました。
日頃の本校生徒は、勉強、運動、学校行事、部活動に一生懸命に励んでいます。
部活動では、運動部、文化部ともに活躍しており、
県大会をはじめ、関東大会にも出場しています。

今後も引き続き、家庭・地域との連携・協力を推進し、
子ども達の良さを引き出し、伸ばすよう努めて参りますので、
ご支援・ご協力をお願いいたしまして、あいさつとさせていただきます。